東京稲城ロータリークラブの公式ウェブサイトです

会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

クラブ会長方針

会長テーマ

『地域に密着した、        

環境にやさしい奉仕で心豊かに』

2018-19年度 東京稲城ロータリークラブ

会長 伊藤 孝一

 1997年に採択された京都議定書を今、思い出しています。二酸化炭素などの温室効果ガス排出量削減の国際的取り決めは守られていません。3.11東日本大震災以降原子力発電所は止まり、太陽光発電・風力発電では賄えず石炭・石油・LNGガス等化石燃料に頼って来ました。結果二酸化炭素排出量は後進国並になりました。京都議定書は日本主導で日本で決めた国際的取り決めです。東京稲城ロータリークラブで何が出来るわけでは有りませんが、国際ロータリーからの植樹一本運動の要望もあり地域の環境・青少年の育成に配慮した奉仕に努力していきたいと考えます。幸いにして緑豊かな稲城市に位置する当クラブは、環境改善にロータリアンの皆様の創意により色々な奉仕活動を行っていきたいと思いますので皆様、ご協力の程よろしくお願いいたします。

PAGETOP
Copyright © 東京稲城ロータリークラブ 事務局 All Rights Reserved.